都内で可能な新築一戸建ての価格 TOP > コンテンツ一覧 > 不動産会社の情報から購入する場合

不動産会社の情報から購入する場合

サイトや不動産会社の広告を見て新築の一戸建て住宅を購入する場合があります。
サイトでは間取りや価格、建築面積、土地面積、築年月日、所在と交通などが表示されています。
地域や沿線、駅などからの距離によっても価格帯も多少移行変動して行きます。
平屋なのか二階建てなのか、それ以上なのか、構造は木質の在来工法なのかツーバイフォー工法なのか、軽量鉄骨造の骨組みなのか、それとも鉄筋コンクリート造なのかなども表示しています。
部屋が南面に向いていると日当たり良好となり、環境としては申し分のない環境です。
隣地境界線までは余裕があると安心もできます。
その建物が角地にあるのか、玄関はどの方向から入るのかを気にする人もいるでしょう。
他にベランダや庭の広さ、カーポートや駐車スペース、洋風なのか瓦屋根の日本家屋風なのかなども写真があれば参考になります。
新築とは建物が完成後、1年以内までの物件を指す場合が多いと思われます。
不動産情報に載るということはすぐには売れなかった物件の可能性もあります。
一年以上経つと中古物件へと移って行き、価格もそれなりに下がって行きます。
どうしてもその場所であることが必要でかつ急ぐという場合を除いて、それを新築の時点で購入する利点はどこにあるのかも検討事項です。
不動産会社を通じて購入すると媒介手数料や税金その他の諸費用が余分に必要になります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 都内で可能な新築一戸建ての価格 All Rights Reserved.