都内で可能な新築一戸建ての価格 TOP > コンテンツ一覧 > ハウスメーカーで住宅を建てる場合

ハウスメーカーで住宅を建てる場合

ハウスメーカーで一戸建ての住宅を建てる場合の価格はどうなのか。
色々なハウスメーカーから間取りのタイプを打ち出して、独自のプレハブ工法や建築材料を使ったものが販売されています。
基本は変えず小規模のプラン変更には対応しているようです。
木質系では在来工法が主流ですが、中にはツーバイフォー工法で建てるものがあり小屋裏なら3階建ても可能で、地震にも強く間取りも希望に応じて合わせてくれます。
部材はプレカットされたものが使用され、構造用合板との組み合わせで工期も短く、割り合いと安価に仕上がりますが、材料が輸入材でもある為に、為替変動で材の値段はある程度変化します。
何々ハウスという場合は木質在来工法の場合が多いですが、その他に骨組が軽量鉄骨で出来ている場合もあり、現場で組み立てて行くもの、ボックスユニットをクレーンで持ち上げて積んでゆくものもあります。
外壁材に軽量気泡コンクリートを使うタイプのものもあり、耐震性や気密断熱性、防音性に優れているので独特の部類に位置付けられています。
一般には部材やユニットは工場において大量生産出来るので、坪単価も割り合い安く押さえられます。
しかし一方で営業マンを抱え広告宣伝費を打ったり、住宅展示場へ出展して営業をしているいる為に人件費その他の費用も多くかかって価格はそれなりの物になるようです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 都内で可能な新築一戸建ての価格 All Rights Reserved.